”G”の掲示板

お気軽に書き込んで下さい。
名前
Eメール コメントが付いたらメール連絡
公開しないでメールを受けたい 公開する又は記入しない
タイトル
本文
只今、URLを含んだ投稿ができません。ご迷惑をお掛けしますがご了承ください。
添付画像 ファイル
暗証番号 記事削除PASS(変更可能)
設定保存     

(※) 投稿後30分以内であれば編集(修正や画像追加)が可能です.

全 300 件 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 28 29 30 ] [最新の状態] [ホームページへ]
ページ 27 (261〜270)
DT-2桶川で走らせてみた 引用
  2015/6/29 (月) 17:05:20 - 03atd - <メール送信> - No.1435563509 - 返信コールON
DT-2桶川で走らせてみた
防塵対策としてフロント側にタイヤハウスとマッドフラップ装着で走らせました

*走らせた感想
テレビで見た実車のラリーカーみたいな感じの走りで
土煙上げながらの走行はツーリングと違ってなかなか楽しいです
旋回時ドリフトしますが安定しててコントロールしやすいです
モーターは3000kvのセンサーレスがちょうど良いと感じます
流石にバギー車にはかないませんが結構な凹凸も走破します

*ジャンプについて
タイヤが小さいせいかバギーのようにスロットルで
空中姿勢を制御するのが難しいので高いジャンプは控えた方が良いかも
あと、ボディーが破損しやすいのでシューグーとかであらかじめ強化しておいた方が無難です

*走行中におきた問題など
まだまだ完全防御まではいかないのでギアやプーリーに砂などがはさまるものの
重度の障害になるほどではありませんでした
スポンジテープでの防御の効果はかなりあります
ただ、貼る場所や方法については研究が必要とも感じます
フロント側にタイヤハウス設置してるので砂が集中してダメージが無いか不安でしたが
予想に反してフロントの駆動系はノーダメージ
たまたま突っ込んだ泥の水たまりではねた泥の分布を見た感じタイヤハウスの効果はあるようです
ただ、ベルトを通す隙間から結構砂や小石が通過してバッテリーとモーターの隙間に
たまってたりするのでここらへんの改善は必要
先の泥はねあとのおかげで実は後輪がはねあげた物がボディー後部に反射して
駆動系に降り注いでる可能性が見られるので、後輪用タイヤハウスも作った方が良さげです
現状の考え方としてはタイヤハウスで巻き上げたものを処理して
シャーシは入った小石が抜けるようにする感じで防塵を進める予定です

*追加情報
今回の走行は1パック終わって電池交換で電気系の故障で終了してます
フロントのタイヤハウスの素材はダイソーで買った0.75mmのPPシート
マッドフラップはテーブルクロスの切れ端、接合はハトメ
ギアの防塵とタイヤハウスの隔壁に使ったのは15x10mm防水隙間テープです

返信1 返信-1
 2015/6/29 (月) 23:22:36 - パパ - No.1435563509.1
昨日は、色々とテストして頂き、ありがとうございました。 あのカバーは
良いアイデアですね。かなりの効果があると思います。

でも、見本が無いとちょっと作るのは難しいですね。 また色々と経過を
教えて下さい。

今週末は、私は異国の人となりますので、RCパークへは行けません。


 タイムセール 引用
  2015/6/28 (日) 21:01:28 - パパ - No.1435492888
 タイムセール

今日から30日までの3日間、ひろさかネットショップの全商品を20%
引きで販売するタイムセールを行います。

この間に注文を頂いた商品は、すべて代金請求は値引きした価格で
請求いたします。支払い方法は、振込み、代引き、クレジット等すべて
適用します。 品切れの場合は、その商品は打ち切らせて頂ます。


RC パーク 引用
  2015/6/26 (金) 21:17:39 - パパ - No.1435321059
またもや雨...明日の走行は絶望的かな? 様子をみて排水に行く
予定はしていますが、あまりひどい様でしたら、中止します。
状況は、電話で問い合わせ下さい。少し遅い目に行きます。


返信1 返信-1
 2015/6/27 (土) 20:22:11 - パパ - No.1435321059.1
明日は予報では晴れとなる様ですが、今日の状況から推測しますと
明日は残念ながら、路面状況は回復しないと思われます。
上手く行けば第1コースは午後からでも、走行は出来るかもしれませんが、
あまり期待は出来ません。

とりあえず私は早目に行きますが、状況は電話でもして下さい。


ワークスとは 引用
  2015/6/25 (木) 23:59:55 - SEIZI - No.1435244395
パパさん
こんばんは。

最近、コースへ行った時に感じたことなのですが、
某ワークスの面々がとあるコースで我が物顔で騒いだり、
一般ユーザーにコース上で譲ってもらっても何も言わずに
走行しているのをよく目にします。
たまにコースに行く私はワークスだと思いテンションが上がるのですが、
それも最初だけで徐々に萎縮してしまいます。
こういう事を感じているのは私だけではないかと思います。
ワークスだからこその謙虚な姿勢というのが大事だと思うのですが、
パパさんのご意見を聞かせて頂けないでしょうか?

少なくとも正美さんが現役の時にコースでお見かけした時には全く感じなかった事なのですが。
速いだけがワークスじゃないですよね?
と思うのは古い考えでしょうか?
ちょっと残念です。


返信5 返信-5
 2015/6/28 (日) 04:52:42 - パパ - No.1435244395.5
ありがとうございます。

昔は、日本で初めての世界チャンピオンと言うことで、世間の注目度も
大変高く、常に人から見られ、また目標にされていると言う自覚が
ありました。 また自分の一挙一動がメーカーの評判となり、即売り上げ
にも影響する様な状態でした。

常に悪評が立たない様に、心がけたつもりですが、それでもアンチ達
による、悪評は多くありました。

現在では、ワークス達の注目度もあまり高くない為に、自分をアピール
したい為に、横暴になったり騒いだりするドライバーもいるのかも知れ
ません。 でも多くのドライバーは、しっかりとした教育を受けている筈で
マナーの悪いのは一部のドライバーだけだと思います。

本人は気が付いていない事も多くあります。 何かの形で教えてあげない
と分からないかも知れませんね。


返信4 返信-4
 2015/6/27 (土) 23:48:41 - せらに - No.1435244395.4
ボクは地方在住なので、いわゆるワークスと呼ばれる方は現役当時の広坂正美さんが、ヨ
コモGPで遠征に来た時のイメージしかないのですが・・
地元のローカルドライバーにも気さくにアドバイスをしてくださって、マナーも完璧で、
しっかりとレース結果も残すと言う、もう、完璧すぎてグゥの音も出ない存在でした。笑

表題に上るワークスのようなかたがいるのは残念な話ですが、少なくともボクは正美さん
のような模範となるドライバーを見る機会があったから、RCに更に夢中になるなれたの
はラッキーだったかもしれません。


返信3 返信-3
 2015/6/26 (金) 10:09:56 - ワークス不要論者 - No.1435244395.3
一部の連中だとは思いますが、ワークスの横柄な振る舞いは今も昔も変わりませんね。
メーカーの社員ドライバーでもサーキットででやりたい放題、他の利用者のことなど考え
ない連中もいます。
商品の販売促進のためにワークスを運営しているはずですが、横柄なワークスドライバー
を使っていると逆効果になると思うんですけどね。

ある他分野で有名なラジコン好きな方はサーキットに来られても非常に紳士的に楽しんで
おられます。周りから見られているという自覚をお持ちなんだと思います。

最終的にはワークスドライバー個人の自覚の問題であるとは思いますが、メーカー自身も
自社の発展のためにユーザーが憧れる、尊敬できるワークスドライバーの指導・育成をさ
れたほうが良いのではと思います。

このご時勢、世界戦で勝ったからといってその商品が飛ぶように売れるわけではないので
すから。

返信2 返信-2
 2015/6/26 (金) 07:23:54 - SEIZI - No.1435244395.2
パパさん、ありがとうございました。
パパさんも同じ様なお考えで安心しました。

ほんと、一部だけなんですよね〜。
素晴らしいワークスの方達も沢山いらっしゃいますし。

パパさんと正美さんが組まれていた時の静かに淡々と
テストをされている姿を見ていて憧れていた頃が懐かしいです。

返信1 返信-1
 2015/6/26 (金) 04:18:05 - パパ - No.1435244395.1
ごもっともだと思います。 これは今に始まった事ではないです。
大変困った事ですね。 

ワークスに限らず、自称エキスパート達が、この様な横暴な振る舞いを
する事は良くあります。 少しばかり上手だからと言って自分が偉い
と勘違いしているのだと思います。

殆どのコースでは、初心者優先...等とうたっていますが、現実には
ワークス等のメンバーが来てくれる事がコースの格式を上げる様に
思い、注意しない事も多くあります。

しかし、この様な連中がコースのユーザーを減少させて、やがてコース
を閉鎖させてしまう事になるのを、多くみて来ました。

本来なら、ワークスやベテランドライバー達は、マナーにおいても
皆の模範になる様な行いをしなければならないのですが...

私が、チームのマネージャーをしていた頃は、うるさく言っていましたが
今は、それを言う人もいないのかも知れません。

また、コースの管理人にも問題があると思います。もしユーザーから
そのような指摘があれば、注意しなければいけないと思います。

対処の方法として、一番効果があるのは、そのワークスのメーカーへ
直接苦情を訴える事です。 メーカーとしては、評判が悪くなる事が
一番嫌な事です。 ただあまりにも些細な事で直訴するのは、少し
考えものですが...

ともあれ、有名ドライバー達は、一部だとは思いますが自覚を持って
欲しいと思いますね。


DT-2 テスト走行 引用
  2015/6/24 (水) 23:05:24 - 03atd - <メール送信> - No.1435154729 - 返信コールON
(添付1) 1435154729.1.jpg
おせわになります
無事モーターもつき、防塵対策も素人なりにやってみたので
ラリー車の桶川デビュー前にオンロードでテスト走行をしてみました
車の状態としては防水サーボと防水ESCと防塵ケースの巨大メカ群のおかげで1段に収まらず二階
建て、セッティングはサスをのばして車高上げただけであとは素のままで
スピードパッション ブラシレスモーター センサーレス3000KV にて舗装路をテスト走行しました
オンロードでの感想はとっても素直で扱いやすい感じでよいです
うちのは重心高いせいか結構ロールしながら曲がるのですがよほど急な操作をしない限り安定して
旋回してくれてコントロールしやすかったです
ただ、桶川行く前にタイヤを坊主にするわけにもいかないのでそこそこで切り上げなのがちょっと
残念
ツーリングより少し大きめのタイヤなので、同サイズのオンロードタイヤがあったら欲しいところ
です

防塵対策について
防水スポンジテープによるギアとプーリーの保護の他にフロントタイヤハウスとマッドフラップの
制作をしたので、今日の試験走行は主にそれのテストでした
テストレポートページの記事や写真を見た感じ前輪の巻き上げた土や小石が後ろの駆動部に悪さを
するけど、インナーボディーでは抜けがよろしくないということなので
タイヤハウスを作って巻き上げたものがあまり後ろに直接飛ばないようにと考えました
ただ、オフでのテスト前なので机上の空論ですが
現状考えられる問題点としては後ろに行かない分前側に悪させんか?ということと
形状のデザインがイマイチなのでボディーにあたって変形してる事
実際のオフロードで通用するか早く走らせて見たいところです

返信1 返信-1
 2015/6/25 (木) 03:38:27 - パパ - No.1435154729.1
報告、ありがとうございます。 色々とアイデア、楽しみですね。
今度、RCパークで走行される時に拝見したいと思います。

ただ、今週末はまた天気が悪そうで、その次は、私は海外出張と
なり、RCパークには行けませんので、サポートが出来ませんので、
御了承下さい。


 クラブ レポート 引用
  2015/6/23 (火) 17:42:43 - パパ - No.1435048963
AMさんからのレポートです。 新しいコースが出来たそうです。


RGT ラリー(DT−2) 引用
  2015/6/22 (月) 17:54:00 - パパ - No.1434963194
先週より、RGTラリーの販売を開始しましたが、当初の私の予想より
多くの反響を頂き、少し驚いています。 (多くは売れていませんが...)

ツ−リングカーとしては、多くのハイエンドカーと比較すると、やはり少し
見劣りする様に感じられ(私はそうは思いませんが...)コース等では
少しコンプレックスを感じると思われているユーザーもいる様ですが、
ラリーとなれば、他に比較するマシンも少なく、優劣は感じられない。
のかも知れません。

また、走行場所もオンロードコースでも、広場等のダートコースでも
走行可能で、現在ではレースも少なく、うるさいエキスパートも少ない為に
取り付き易いのかも知れません。

こんな折、ラリーのメッカである、りんごじゃむから耐久レースの案内を
頂きました。 オーナーの大高氏は、私と同年代で志も同じくして以前
より大変親しくさせて頂いています。
過去にもひろさか塾の開催や、イベントにも度々お邪魔した事があります。

また、ペンションでは大変美味しい奥様の手料理や、押し花...
以前、私と同行した滅多に人を褒める事が無い、ママも絶賛し、また
感化されて、押し花に懲りだしました。(笑)

このりんごじゃむが9月13日に5時間耐久ダート耐久レースを開催されます。


そこで一つひらめいたのですが、これを機に、チームを結成してこのイベント
に参加してみようか? と考えました。

ひろさかRCクラブのメンバーより有志を募集し、チームを結成します。
そして、マシンの改造から、テスト、練習、そしてレースまでを共に戦います。
勿論、メンバーは、すべての日程に参加しなくても構いません。レース
までの行程は、公表はしませんが、メンバーには逐次報告します。

参加は、ドライバーだけで無く、メカニック、そしてヘルパー等、多くの
役割があります。地方から参加のメンバーは、当日のみだけの参加
でも大丈夫です。また、レースまでの準備のみの参加でも構いません。

かつて、私が世界に挑戦した様な、企画から参加までを再度メンバーと
一緒に、行ってみたいと思います。

私自身は耐久レースはあまり経験はありませんが、1996年、初めて
24時間耐久に挑戦する事となり、急遽参加をしました。2週間足らずの
準備で、3チームを出場させ、当時の耐久エキスパートのテクトロチーム
そして、KYOSHOチームと激戦を交え、運よく勝利した事があります。

今回もラリーのベテラン選手やチームが参加されると思います。
クラブメンバーの皆さんで、挑戦してみませんか?

もし、5、6名以上の同志がいれば、現実に考えてみたいと思います。
ただ勿論まだ私の思いだけですので、実現出来るか?は分かりません。


ラリー車の防塵の考え方について 引用
  2015/6/21 (日) 21:58:30 - 03atd - <メール送信> - No.1434891510
お世話になります
いよいよやってくるラリー車
桶川で走らせる予定なので私も防塵対策で
スポンジをはろうかと考えております
そこでテストのページを見て不思議に思ったのが貼り付け位置
これの考え方としては直接ギアやプーリーをカバーするのではなく
シャーシ上での小石の反射を抑えて小石のギアへの侵入を防ぐという感じでしょうか?
反射防止という事なら柔らかいスポンジテープとか
ハネナイトみたいな低反発な物を選んで広めの面積で
はろうかなと考えております
よろしくお願いします。

返信3 返信-3
 2015/6/23 (火) 03:42:09 - パパ - No.1434891510.3
すみません。 モーターの種類によるとアッパーデッキに干渉して後に
下らない事もあります。最初はモーターにワッシャーを入れて少し
オフセットしましたが、これはあまり良い方法ではありませんので、
アッパーデッキを少し削りました、この方が簡単で確実です。

お手数ですが、よろしくお願い致します。


返信2 返信-2
 2015/6/22 (月) 22:50:30 - 03atd - <メール送信> - No.1434891510.2
おせわになります
現物届きまして見て謎が解けました
ベルトの外側にスポンジはってるのは
ツーリングと違ってシャーシの下にギア除けの穴が無いので隙間が少ないためなのですね
というわけでただいま仮組みと増し締めと防塵対策の検討中です
金属のヒンヤリ感が良いです
ところでモーター組んで見たところテスト車で使ってるモーターがアッパーデッキに干渉して
ピニオンギアが届かないので、テストページ見るとモーターとモータープレートの間にアルミ部品
が挟まっているように見えます
この厚手のワッシャーのように見える部品が手元に無いのでABS板から防塵版を兼ねたスペーサー
を切り出そうかと考えておりますが、厚みはどれ位でしょうか?
囲うより解放して抜けをよくするべきか悩みどころではありますが
とりあえず実験的にやってみようかと思ってます

返信1 返信-1
 2015/6/22 (月) 03:58:50 - パパ - No.1434891510.1
ラリー車、お買い上げありがとうございます。

私の防塵対策としては、スポンジテープで小石が入りそうな所に貼り付け
ています。柔らかいスポンジですと、ギアやプーリに接触しても、駆動
には影響しない為です。

少し硬めのスポンジ等でもう少し多くカバーをするのも良いかと思います。
私もこれからもテストをしていきたいと思います。

もし、何か良い方法が見つかれば、教えて下さい。


パパさんが感心したアイテムやアイデアなど 引用
  2015/6/21 (日) 01:48:02 - Tora - No.1434818882
パパさんこんばんは。

RC業界の先端を常に走り続けてきたパパさんに質問です。

パパさんのアイデアや開発してきた物を他社に真似や参考にされることは
多々あったと思いますが、逆に「これは凄い」とか「なるほど!」と感心した
ものってありますか?

過去の掲示板の記事でピンをOリングで止めるハブに関心されたと書いて
おられましたが、それ以外でもあったら知りたいです。


質問というかただ単に興味があって聞きたいことなので言える範囲で構い
ませんので聞かせてください。

返信5 返信-5
 2015/6/22 (月) 18:38:24 - パパ - No.1434818882.5
そうですね、第1回のツーリングカー全日本選手権、突然に発表された
ストレートバッテリーのルール、レース前一ヶ月でした、当時ヨコモでは
振り分けタイプのマシンしかありませんでした。明らかにヨコモ潰しの
ルールで大きな力が動いたのは間違いはありません。

勿論、これは廣坂物語で詳しくお伝えしたいと思いますが、何故急遽
YR−4Uが作れたか? これはその前に行われた24時間耐久レース
のお陰でした。

こちらのレースも当初は参加の予定は無かったのですが、直前になって
会社の命令で参加しなくてはならなくなりました。しかも3チームも...
当然マシンはありません。また耐久レースで振り分けバッテリー等大変
大きなハンディを負う事は間違い無いです。

そこで、無い知恵を絞って考えたのが、耐久SPLです。シャーシから
新設計で、FRPの手切りで、バッテリーもストレートの規定だった為に
片側に寄せて積む様に考えました。そしてバッテリー交換を速くする為に
コネクターを無くし、銀の接点だけで通電をする様に考えました。
この結果、約6秒でバッテリー交換が可能となりました。

それでこのレースも優勝する事が出来ました。その時のノウハウを
全日本選手権マシンに活かしました。


返信4 返信-4
 2015/6/22 (月) 17:41:16 - Tora - No.1434818882.4
パパさん、こんにちは。

YR-4U大好きな車です! ぐにゃぐにゃと捩れるのとアッパーデッキの先に
ダンパー状のものがついてて見た目も走りも好きでした。

当時は初心者で他車を使ってて上手く操れず、これに変えてから面白いように
走らせることができてレースにも出場し、Aメインに残れるようにもなった自分に
とってとても良い思い出のある車です。

なのでYR-4Uが「廣坂物語」に登場するのをずっと待っているんですよ^^

それと。
当時、全日本選手権のツーリングカー部門でスポーツマンクラスは振り分けバッテリ
ー禁止のルールだったと思います。これは事実上のヨコモ車の追い出しともとれる
ルールでヨコモがRCマガジンに意見広告を出していたのを記憶しています。


エキスパートクラスに振り分けではなくバッテリーを片側に乗せたYR-4Uで全日本
選手権で優勝したのは追い出しルールにも屈しないぞ、と言う意地を感じました。
(勝手にそう感じてました)

この辺も廣坂物語で語られたら嬉しいです。

返信3 返信-3
 2015/6/22 (月) 03:58:20 - パパ - No.1434818882.3
失礼等と言う事は無いですよ。(笑) 我々が世界の頂点で戦えたのは
思い切ったアイデアと入念なテスト、そして他の人のアイデアを参考に
した事です。
また、一番重要な事は、大変バカげた事でも、本当に真剣にテストを
してくれた、正美の功績は非常に大きいです。

代表的なものでは、私はバッテリー(バラセル)の積み方にかなり執着
していました。1989年の世界選手権では、大変変則的な積み方で
多くの顰蹙を買いましたが、(4本を横、2本を縦)正美は非常にバランス
が良いと言いました。

また、現在ツーリングで主流となっている、6セルを片側に搭載する
方法も、YR−4Uで全日本選手権で採用しましたが、これも皆から
馬鹿にされました。しかし原選手が優勝した事で、他社も殆どがこの
方式を取り入れる様になり、今では主流となりました。

また振り分けタイプでは、私は、4−2に拘っていましたが、これを採用
する所は、ほとんどありませんでした。

廣坂物語でも雑誌の記事等で色々な細部を紹介されています。これら
をチェックして頂くのも面白いと思います。


返信2 返信-2
 2015/6/21 (日) 21:32:43 - Tora - No.1434818882.2
こんばんは。パパさん。

あまりこういったことを聞ける機会も無く、貴重なお話を聞けて嬉しいです。

世界を相手に戦ってきたパパさんにこの質問は失礼かな?と思い躊躇もしたの
ですが、思い切って聞いてみて良かったです。ありがとうございました!


パパさんが構想中のALFにもパパさん独自の機構や仕組みがあるのだと思い
ますが、そちらの開発も楽しみにしています。

返信1 返信-1
 2015/6/21 (日) 03:36:17 - パパ - No.1434818882.1
おはようございます。

現在のRCカーの開発状況を見ていると、物まね大会の様に感じます。
多くのメーカーが皆同じ様なものばかり作っています。

一昔前は、夫々に大変個性があり、一目でどこのマシンか?分かる
状態でした。 その為に、夫々のデザイナーが知恵を絞って、アイデア
を出してきました。 そしてそれを真似する事には、大変に抵抗はあり
ました。

しかし、本当に良い事や、他にアイデア等が無い時には取り入れないと、
大きくハンディを背負うと判断した時等は、自責の念にかられながら
取り入れた事も一杯あります。

具体的に...と言うと数え切れない位、一杯あります。
特に印象に残っている事と言えば、もう随分昔ですが、シュマッカーの
ユニバーサルでした。樹脂のユニバーサルで伸び縮みするものでした。
丁度今このCAT−XLの組立依頼が来ています。 大変懐かしいです。

そして、その後KYOSHOの4WDで、フロントのハブキャリアのキング
ピンをサスアームピンの内側に付ける方法です。これはサスアームを
いかに長くするか?悩んでいた時に、この方法を見て感心しました。
このアイデアは、採用させて頂きました。 

言い出せばキリが無いですが、MIPが開発した、CVD(ユニバーサル)
現在、多くのメーカーが使用しているCVDとは少し違います。
これは、MIPが特許を取得している為に、同じものは製作出来ないとの
事で、私はMIPにOEMでお願いしました。

細かい所では、ホールハブのピンをOリングで止める方式、これは好き
でした。 またこれもKYOSHOですが、モーターを止めるビスが落ちない
様に、これもOリングで止める方式、大変便利でした。

私自身も様々なアイデアを出してきましたが、それ以上に他のアイデア
を参考にさせてもらいました。昔は現在の様に、メディアが発達して
いませんので、秘密で開発を進め、各社世界選手権で一斉に披露する
のも、ユーザーにとっても大きな楽しみだったと思います。


RCパーク 情報 引用
  2015/6/20 (土) 18:21:41 - パパ - No.1434792101
RCパーク 情報

今日、RCパークのコース整備をしました。予想より水溜まりも少なく
意外と早く排水は終わりました。明日に鉄筋を引けば、直ぐに走行は
可能となりますが、これからの雨が心配です。

朝、早めに行きます。 状況は電話を頂ければ、お伝えします。


全300件(返信記事を除く) | ページ間移動→[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 28 29 30 ]


最大300件保持 | ?ヘルプ

MiniBBS-EX 1.30