*******************************
     
MASAMI COLLECTION     TOP
    ******************************

    
オフロード 4WD


  1989年 世界選手権 オーストラリア 優勝車  


 1989年 世界選手権 優勝車      2022/05/20 記載

 1989年 世界選手権にて優勝した、マシン。

 ヨコモ入社以来、次回世界選手権を目指し、YZ−870C改良を続け、
 プロトタイプが完成。

 この大会は前回の優勝チーム、シュマッカーがメインスポンサーとなる。
 前回は私達はシュマッカーチームだったが、今回は最大のライバルとなった。
 シュマッカーも連覇を目指し、プロトタイプを早くから現地でテストを繰り返し大変
 気合が入っている。

 私達もシュマッカーの素晴らしさは他お偏欲分かっている。それに対抗出来るマシン
 を作る事は大変な事だと認識していた。

 我々も1年前より、現地にてテストをくりかえした。 開催は9月だがオーストラリアは
 南半球の為、季節は冬となる。暑い日本からすると、急に寒くなる感じだ。

 私は入社間もない為に、会社の事情もあまり良く分からないなかで、マシンを製作
 することは大変難しい。とりあえず現行の870Cの弱点を洗い出し、出来る限りの
 改良をすることとした。

 そして世界戦は期間も長く今回は約2週間の滞在となる為に、我々の体調維持の
 為に、ママもヘルパーとして同行して貰う事となった。そして現地の日本食マーケットで
 食材を調達し、ほぼ毎日日本と変らない食事をする事が出来た。


 
レースレポート等は、 廣坂物語 Vol.30 にて

 
1989年 オフロード世界選手権(オ−ストラリア)  ← クリック








 YZ−870Cをベースに、ほぼ1年かけ改良を進めました。














 ちょっと、しゃれでネームを掘り込みました。




 メカはKO、アンプはCX−1、RXは軽量の為ポリカでケースを作成。


 サーボもKO、サーボアンプもポリカケース










 重量が軽く出来、多くの重りを、鉛テープで底に貼りました。


 バッテリーは皆に顰蹙をかった、4−2。


 シャーシ等は、DDグラファイト、すべて手切りで製作。


 ベルトテンショナーの為に、プレートを追加、バルクヘッドをスライドさせます。




 ベルトはシュマッカーと同じ2mmピッチ、軽量化の為問題無し


 リアはウレタンベルト、プーリーはアルミ製


 バッテリープレートも手切り、前側の印は小さな出っ張りがある。


 870Cとの比較、かなりナローになっている。


 バッテリー搭載位置もかなり前へ。


 フロントアームは、870Cのリアアームを流用


 ハブキャリア、ステアリングブロックは、KYOSHO製を使用。


 リアアームはナイロン製。 ハブキャリアはRC−10用を改造。


 ダンパーはアソシ製、テフロン加工で大変スムーズ




 ウイング取り付けは、かなり後ろに。


 アームを伸ばす為に、ホイールを製作、オフセットと大径。




 レース後、レプリカを50台限定販売。 製作に明け暮れました。


 ママの手も借りました。






 
完成しました! 


 お問い合わせ info@hirosaka.jp


  YZ−870C 全日本選手権優勝車  


 1988年 全日本選手権 優勝車      2022/05/19 記載

 1988年全日本選手権にて優勝した、YZ−870C

 私達がヨコモに入社して初めてのオフロード全日本選手権。 従来のCATに
 代わり870Cを使用。 まだ変更後間も無い為、改造等は少しだけだが、
 来年はオーストラリアでの世界選手権がある為に、改造点等を模索する。
 そして昨年のチームカーがライバルとなる、大変手ごわい。















 
レースレポート等は、 廣坂物語 Vol.25 にて

 
1988年オフロード全日本選手権(岡山)  ← クリック



 マシンは殆ど市販状態に少しのオプションを加えた仕様。












 トルクリミッターは、ロック。 


 

 タイロッドや、Iアームはランスフォード製、チタン。


 リアーベルト テンショナー


 モーターマウントの取り付け穴を楕円にして、後ろのビスでモーターマウントを
 前へ少し押す事でベルトの張りを調整。




 フロント部は、アンダーカバー、をはさみバンパーでバルクヘッドに止める。


 ステアリングブロックはアルミ、ハブはマグネシウム。




 リアハブキャリアはステアリングブロックと兼用。こちらもハブはマグネシウム。




 お問い合わせ info@hirosaka.jp



 *******************************************

  TOP