********************************
     
MASAMI COLLECTION       TOP
    ********************************

     
ひろさか RC 年表 ← クリック

                お問い合わせ info@hirosaka.jp


  1/12 レーシング  
  オフロード 2WD   
  オフロード 4WD   
  1/10 レーシング  
  1/10 ツーリングカー  
  1/10 GPツーリングカー
  


  YMP TC−2002 プロト  


 2002年 TC−2002 ツーリングカー     2022/06/22 記載

 2002年アフリカでの世界選手権後に、次期戦略マシンとしてTCに改良を
 加えて製作したが、時代がシャフトドライブが大勢となり、我々もSDの開発を
 余儀なくされ、ビッグレースでは使用出来なくなり、私は大変自信がもてるマシンで
 あった為に、YMPとして一般に28台のみ販売した。
 
 TCも2回の世界選手権を経て熟成され3度目の正直として、力を入れたが、
 結局は大舞台に上がれなかった悲運のマシンとなった。しかし当時は滅多に褒めない
 正美が絶賛した走行性能を持っていた。






 
SSG(シルバー サーフェース グラファイト、私が名付けました)で製作。












 アルミパーツはグリーンアルマイト。



 モーターは、1mm低く搭載出来ます。 
 上のターンバックルはリアネベルトテンショナー


 YMP販売車にシリアルNOが掘り込まれている。




 ユニバーサルは、シャフトは、6mm径アルミ製。




  お問い合わせ info@hirosaka.jp


  ワークス’93 全日本選手権 仕様  


 1993年 オフロード全日本選手権       2022/06/17 記載

 1993年岐阜 ウッディドームでの全日本選手権で仕様し、優勝したマシン

 このレースがワークス’93の最後のレースとなった。 この後はYZ−10となる。




































  お問い合わせ info@hirosaka.jp


  ALF 2022 発売 発表!  

 ALF 2022 発売 決定      2022/06/12 記載

 1982年 全日本選手権挑戦用として製作し、5度目の挑戦で全日本優勝した、
 ALFのタイプ−1の誕生から今年で丁度40周年を迎えました。 これを記念に、また
 ジーフォース社からの絶大な協力があり、ALF−2022の製作に踏み切りました。

 細部の詳細につきましては、後日紹介致します。















  1987年 オンロード全日本選手権  

 1987年 オンロード全日本選手権 RC−12    2022/06/05 記載

 1987年川崎競馬場にて行われた全日本選手権で優勝したマシンです。

   レースレポート等は、 廣坂物語 Vol.20 にて
  
1987年 1/12全日本選手権  ← クリック


 
8月9日イギリスでの世界選手権が終わり、すぐに今度は1/12の全日本
 選手権が川崎競馬場にて開催された。 今年はオフロード世界選手権の為、
 1/12の準備等は殆どしていなく、まさにぶっつけ本場の参加となった。









 マシンはアソシエイテッドRC−12L、正式サポートは浮けていない為に、
 殆ど、ノーマル仕様。








 ESCは、世界選手権で使用した、CX−1


 モーターは世界選手権優勝のHPI UNOモーター関口チューン。
 抜群のスピードを発揮。


 サーボも世界選手権仕様のFETサーボ、あえて小型サーボは使用しなかった。




 決勝は雨天の為、タイヤのコンタクトを何重にも塗って走行、殆どスリップは
 無く、晴天とあまり変らない走行を見せた。




 フロント部はしなりを押さえる為に、カーボンのプレートを追加。これで敏感になる。


 シャーシはカーボンでは無く、DDグラファイト。カーボンより少し柔軟で走行しやすい。




 バッテリーは、ピークパフォーマンスよりサポートを受け、過去の全日本選手権の
 様に、ストレートで置いて行かれる事は無く、素晴らしいスピードでレースを
 することが出来た。




 お問い合わせ info@hirosaka.jp


  2003年 全日本選手権用 プロトタイプ  

 2003年 全日本選手権用 プロトタイプ  2022/06/01 記載

 2003年 ツーリングカー全日本選手権用 としてSDのプロトタイプを製作。
 NO−1〜4まで製作し、NO−4が本戦使用で優勝車となった。
 レースでは、正美のみが使用し、本戦用は1台しか製作していない。

 このSD−SPLが私のヨコモでのツーリングカーの最後の設計となった。

 コンセプトは、シャフトドライブの片巻きを最小限に抑える事を目的とした。
 主な特徴は、シャーシのバッテリースロット等を無くし、シャーシ剛性の左右を揃え
 クセを無くす事に成功した。

 このレースは私はヨコモを退社する事が決まり、最後のツーリングカーのレースとなる
 為に必勝を期して、早くより一里野に入りテストをくりかえした。




 このマシンはNO−2で、一番多く走行したかも知れない。




 リアボディマウントはショックタワーに取り付けず、アッパーデッキに取り付け。
 テコの応用で、リアのトラクションが多くかかる。(PRO−10に採用)








 シャーシは切り抜きをしないで、皮一枚残す。 裏側は全くのフラット。




 私はビスはすべてプラスビスを使用。 作業が1.5倍速くなる


 ユニバーサルシャフトはオールアルミ製、通常のオプションのアルミシャフトより、
 さらに30g位軽くなる。








 2003年 ツーリング全日本選手権 優勝車




 配線は重心を下げる為に、メカの下を通す。






 モーターの冷却は、ファンよりエアーインテークの方が効果があった。


 シャーシは、フライス加工で0.5mm残っている。




 アッパーのビス位置でシャーシ剛性を調整。




 お問い合わせ info@hirosaka.jp


 *****************************************************

 *****************************************************

  TOP